路上観察で発見!東京多摩地区のナイス物件

穏やかに衰退していく東京郊外の風景のなかにある謎だったり面白かったり奇妙・不思議な物件コレクション

CIMG7689
フェンスの向こうの看板。
半分ぐらい読めなくなっていますが、公園利用上の注意書きです。
ストビューで調べると、
2009.8
2009年8月の画像。
この時点ではまだこの程度の錆びでした。
CIMG7690
かなり大きな樹木ですが、枝というより幹がフェンスを突き抜けている。
これまたストビューで調べると、
2009.8b
2009年8月には樹木はあるけれど、フェンスはなかった。
フェンスの設置の方が後でした。
CIMG7691
猫を捜しています。
しかし心無い人によって破られてしまったのか。
CIMG7692
フェンスで囲われた空き地の鉄パイプにヘルメットが。
CIMG7693
青トタン板の上にかなり古い木材が組まれているけれど、看板だったのか?
ストビューで調べると、
まずは最近の画像からですが、
2023.3
これが2023年3月の直近の画像。
そして、
2009.8c
これが最も古い2009年8月の画像。
風通しのよすぎる建物があったのね。
その一部だけ残しているわけだ。
CIMG7694
これはクリックして拡大してもらえば難易度はそれほど高くない。
CIMG7695
だらしない状態になっている。
CIMG7696
フェンスの隙間から成長しようとしたけれど、伐採されてしまった。
以上です。
次は西東京市の探索。

CIMG7678
立て掛けてあった看板が千切れて丸まっています。
「ひっ」だけ見えますので「ひったくりに注意」かと思われます。
CIMG7679
これは乱れてますね。傘も多い。
ゴミ屋敷と思っていいでしょう。
しかしこれ、国立市東じゃないのでした。隣りの地区との境界の道路で、国立市東と反対側にあったものです。
CIMG7680
学校の裏の通用門ですが、一つ看板が破損しているようです。
ストビューで調べると、
スクリーンショット 2024-03-16 17.37.42
ちょっと読み取れないけれど、こんな看板でした。
CIMG7681
褪色して意味不明になってます。
CIMG7682a
物置小屋が崩壊してます。
そして、
CIMG7683b
玄関周りもこんな状態になってる。
さらに、
CIMG7684c
ブロック塀もガムテで修復。
これ、無理だと思うのですが。
さらに、
CIMG7685d
家屋はこんな状態です。
もう住人はいないようですね。
CIMG7686
カバーが劣化して破れ、車が見えているけれど、思い切り錆びている。
スズキ車ですね。フロンテかな。
CIMG7697
ほぼ全面的にツタに覆われています。
その2に続きます。

CIMG7578
色褪せた看板。
細かく縦にひび割れも入っています。
CIMG7579
ほぼ完全に褪色しているコカコーラの文字。
CIMG7580
2階部分が植物に占拠されてしまっている。
CIMG7581
「ん」が剥落しそうだ。
CIMG7582
汚れている。
カタツムリかナメクジの這った跡もある。
CIMG7583
割れてます。
CIMG7584
字間が広く行間が狭いのでつい縦読みしそうになる。
CIMG7585
長らく放置されている様子の車。
CIMG7586
そこそこ大きな車のパーツが落ちてました。
CIMG7587
かなり汚れているボーリングのピンシンボル。
近づいてみるとちゃんと営業してました。
以上です。
次は国立市の探索。

CIMG7540a
いかにも見捨てられたような家。
もうちょい詳細に見ると、
CIMG7541b
車には落ち葉や小枝が積もっています。
そして、
CIMG7542c
回り込んだところに温室があったのですが、そこも長らく放置されている様子。
CIMG7544a
この家も放置されたまま朽ちていく途中のようです。
上を見ると、
CIMG7545b
外壁材も剥がれ、ベランダ上の波板もほとんど喪失してます。
CIMG7546
クリーニングの看板ですが、金属の枠部分が錆びているのか、錆び色の液体が垂れた跡が見えます。
CIMG7548
物置きというか、ゴミ箱になっている車。
CIMG7549
地番表示板がよじれている。
ここに取り付けるのは無理やりな感じ。
以上です。
次は福生市の探索。

CIMG7532
アパートのとある部屋の前にモノが堆積しています。
部屋の中はどんなだろう?
CIMG7533a
かなり古びた家。
玄関内にモノが乱雑に積み上げられているのがわかります。
庭の方を見ると、
CIMG7534b
植木に阻まれているのですが、自転車などが結構な数、置かれてます。
CIMG7535a
ツタが繁茂している家。
近づいて玄関を見ると、
CIMG7536b
ああ、これは出入りできませんね。
最初の画像の勝手口から出入りしているのか、もはや空き家なのか。
さらに、
CIMG7537c
これは放置しておくとちょっとマズいことになりそう。
CIMG7538a
樹木に半分覆われている家。
この反対方向から見ると、
CIMG7539b
こんな状態でした。
CIMG7543
放置されているスズキジムニー。
後部の幌が破けて内部が丸見え。
その2に続きます。

このページのトップヘ