路上観察で発見!東京多摩地区のナイス物件

穏やかに衰退していく東京郊外の風景のなかにある謎だったり面白かったり奇妙・不思議な物件コレクション

カテゴリ: 稲城市

CIMG3598
「使いない」と書かれています。
ちょっと訛っている。
CIMG3599
とても狭い通路。
結構向こうまで続いています。
うろうろしていると、偶然、向こう側の端に出ました。
そこからの見た目は、こんな、
CIMG3601
元々は水路(ドブ?)があったところに蓋をして通れるようにしたのでしょう。
CIMG3600
物置きでしょうけれど、屋根が落ちてしまっている。
CIMG3602
緑にコーティングされたかのようにツタに覆われた家。
CIMG3603
畑の中の物置き小屋かな。
しかし劣化してボロボロです。
CIMG3604
竹で作った塀(仕切り?)も、劣化して風前の灯火状態。
CIMG3605
ゴミではなく、仕事で使うもののようですが、溢れ出しています。
でも混乱はしていない。
CIMG3606
道路に植物が繁茂してはみ出している。
近づいてみると、
CIMG3607
CIMG3608
この通り、ゴミ屋敷になってました。
無理に玄関を閉めようとしたのか、扉が折れ曲がってます。
以上です。
次は小平市の探索。

CIMG3588
空き家らしき家はこの地区でも多いです。
庭の奥の方から笹が陣地を広げています。
何年かすると庭がすべて笹に覆われてしまうのでしょう。
CIMG3589
壁面に三角形の痕跡が2つ残っています。
なんだろう?
ストビューで調べても分かりませんでした。
CIMG3590
おおこれはなかなかの物件。
これは裏側なんですが、回り込んでいきましょうか。
CIMG3591
CIMG3592
表は理髪店だったようです。
CIMG3593
日除けがもうボロボロ。
CIMG3594
はい、これで一周しました。
どの角度から見てもボロボロです。
CIMG3595
プレハブの建物なのに、玄関は普通の家の扉。
ちょっとちぐはぐな感じ。
CIMG3596
廃工場っぽい建物。
扉がないので中をフェンス越しに覗き込むと、
CIMG3597
こんな感じです。
以上です。
次は南武線北側区域で見つけたもの。

このページのトップヘ