路上観察で発見!東京多摩地区のナイス物件

穏やかに衰退していく東京郊外の風景のなかにある謎だったり面白かったり奇妙・不思議な物件コレクション

カテゴリ: 清瀬市

CIMG7124
かなりヘタれた郵便受け。
CIMG7125
看板があったのだろうか?
それとも塗装が剥離しているだけか?
CIMG7126
消えそうな地番表示板。
CIMG7127
玄関扉周辺が段ボール箱で埋まり、そこまでのアプローチも植物、バイク、自転車で塞がっている。
これもゴミ屋敷でしょうね。
CIMG7128
黒テープで執拗に補修されていて、ちょいと異様。
CIMG7129
閉店してしまった本屋。
CIMG7130
長らく使われていない車。
CIMG7131
錆びと剥落が作り出す模様が……あれ、ちょっと待て、右に、
CIMG7132
「ズニシカ」?
違うな「シズカニ」静かに。
音声過敏な人が住んでいるようです。
CIMG7140
多分、大きな空洞ができていて、そこにスズメバチが巣を作らないように塞いであるのかな。
以上です。
次は西東京市の探索。

CIMG7114
これトンカツ屋さんの裏口。
CIMG7115
褪色して剥がれかけています。
表に回ると、
CIMG7116
長文の貼り紙があります。
電波ハウス状態に陥ってしまったようですね。
CIMG7117
この「無断駐車厳禁」もちょっとしつこい。
CIMG7118
破れてる。
CIMG7119
樹木が未知の向こうまで繁茂してしまっている。
CIMG7120
玄関の扉が塞がれてしまっている家。
CIMG7121
この家ももう廃屋状態なのでしょうか。
玄関は、
CIMG7122
こんな状態です。
別角度から見ると、
CIMG7123
ちょうど屋根馬(アンテナを立てる足の部分)のあたりに穴が開いています。
これは内部に雨が吹き込んで腐食していますね。
その2に続きます。


CIMG7113
これは読めません。
じっと見ていると、まるでハングル文字のようにも見えてきます。
CIMG7141
ひび割れ。
CIMG7142
これは?
玄関の方に回ってみると、
CIMG7143
これはゴミ屋敷だと判断していいでしょう。
CIMG7144
この家は物置になっている様子です。
CIMG7145
かなり高いところに貼られている金貸し広告。
しかしもうボロボロ。
CIMG7146
CIMG7147
植物の圧力で道路に向かって倒れそうです。
CIMG7148
CIMG7149
これもまだ規模は小さいけれどゴミ屋敷に発展しそう。
車の中もすごい状態だけど、この状態で運転しているのでしょうか。
CIMG7150
お地蔵さん、狭苦しそうです。合掌。
CIMG7151

ものが溢れかえって駐車スペースに置かれています。
CIMG7152
雪の重みで傾いてしまったのでしょうけれど、脚立で支えているのが「やりくり」。
以上です。
さらに清瀬市の探索を続けます。

CIMG7134
ゴミが堆積しているわけではないですが、敷地内にこれだけ散乱しているのでゴミ屋敷と認識してもよさそうです。
いろいろな角度から撮りました。
CIMG7135
すると、うわわっ、動物がいます。
なんだと思えばこれは豚ですね。
黒いからこれが黒豚というやつかな。
うろうろしてます。
CIMG7136
CIMG7137
CIMG7138
CIMG7139
とりあえずこれだけ撮りました。
豚を飼っているということは住人もいるのだと思います。
次は清瀬市の探索。

CIMG6291
何の看板だかわからなくなってますが、かろうじて下部に清瀬市消防団の文字が読み取れます。
CIMG6292
ツタに覆われつつある家。
CIMG6293
こちらはもう半分ぐらい侵略されている。
CIMG6294
廃材が乱雑に置かれている建物がありました。
回り込んでみると、
CIMG6295
うーん、これはゴミ屋敷と見てもいいようです。
CIMG6296
「売り物件」の看板がついている、かなりボロい家。
ストビューで調べると、
2017.6
これが2017年6月の画像。
CIMG6297
ああ、誰かがやらかしたようです。
CIMG6298
車庫の屋根がほぼ剥がれている。
こちらも空き家の様子です。
CIMG6299
よく見ると後部が塀に接触してます。
そして長らく放置されている様子。
CIMG6300
樹木の幹が太くなって、万年塀を押している。
いずれ塀が倒れるかも。
CIMG6301
マルフク看板。
CIMG6302
この家もゴミ屋敷に育っていきそうな予感が漂う。
以上です。
次は西東京市の探索。

このページのトップヘ