路上観察で発見!東京多摩地区のナイス物件

穏やかに衰退していく東京郊外の風景のなかにある謎だったり面白かったり奇妙・不思議な物件コレクション

カテゴリ: 国立市

CIMG7689
フェンスの向こうの看板。
半分ぐらい読めなくなっていますが、公園利用上の注意書きです。
ストビューで調べると、
2009.8
2009年8月の画像。
この時点ではまだこの程度の錆びでした。
CIMG7690
かなり大きな樹木ですが、枝というより幹がフェンスを突き抜けている。
これまたストビューで調べると、
2009.8b
2009年8月には樹木はあるけれど、フェンスはなかった。
フェンスの設置の方が後でした。
CIMG7691
猫を捜しています。
しかし心無い人によって破られてしまったのか。
CIMG7692
フェンスで囲われた空き地の鉄パイプにヘルメットが。
CIMG7693
青トタン板の上にかなり古い木材が組まれているけれど、看板だったのか?
ストビューで調べると、
まずは最近の画像からですが、
2023.3
これが2023年3月の直近の画像。
そして、
2009.8c
これが最も古い2009年8月の画像。
風通しのよすぎる建物があったのね。
その一部だけ残しているわけだ。
CIMG7694
これはクリックして拡大してもらえば難易度はそれほど高くない。
CIMG7695
だらしない状態になっている。
CIMG7696
フェンスの隙間から成長しようとしたけれど、伐採されてしまった。
以上です。
次は西東京市の探索。

CIMG7678
立て掛けてあった看板が千切れて丸まっています。
「ひっ」だけ見えますので「ひったくりに注意」かと思われます。
CIMG7679
これは乱れてますね。傘も多い。
ゴミ屋敷と思っていいでしょう。
しかしこれ、国立市東じゃないのでした。隣りの地区との境界の道路で、国立市東と反対側にあったものです。
CIMG7680
学校の裏の通用門ですが、一つ看板が破損しているようです。
ストビューで調べると、
スクリーンショット 2024-03-16 17.37.42
ちょっと読み取れないけれど、こんな看板でした。
CIMG7681
褪色して意味不明になってます。
CIMG7682a
物置小屋が崩壊してます。
そして、
CIMG7683b
玄関周りもこんな状態になってる。
さらに、
CIMG7684c
ブロック塀もガムテで修復。
これ、無理だと思うのですが。
さらに、
CIMG7685d
家屋はこんな状態です。
もう住人はいないようですね。
CIMG7686
カバーが劣化して破れ、車が見えているけれど、思い切り錆びている。
スズキ車ですね。フロンテかな。
CIMG7697
ほぼ全面的にツタに覆われています。
その2に続きます。

CIMG4239
紹介するゴミ屋敷は平屋の木造なんですが、2棟がどちらもゴミ屋敷化しています。
混ぜこぜに紹介します。
まずは玄関口。
内部にゴミが堆積しているのが見えます。
CIMG4240
こちらはもう一軒の方。
勝手口なんですが、ここに郵便受けがありますね。
郵便受け上の窓が少し開いていて、やはり内部にはゴミが堆積しているのがわかります。
CIMG4241
デタラメにものが積まれています。
CIMG4242
こちらは庭部分なんですが、物置だったらしきものが崩壊しています。
植物も繁茂してる。
CIMG4246
CIMG4243
さらに奥の方は、何ですか、これ。
窓がなくなってしまっていて、その中に堆積したものが壁のようになっているのでしょう。
CIMG4244
CIMG4245
ツタ状の植物に覆われてますが、引き戸の玄関。
やはり内部はゴミが堆積。
CIMG4247
少し窓ガラスが割れているんですが、内部に堆積したもので塞がっている。
最初に書きましたが、隣接する2棟の木造住宅がどちらもゴミ屋敷になってます。
住人はいない様子。
以上です。
次は狛江市の探索。

CIMG4232
彫刻が趣味なのでしょうか、ま、よくあると言えばよくある。
しかしこの家、面している道が狭くて、夜だと多分暗い。
そんなところを歩いていて、この彫像をみたらギョッとする人もいるかと思います。
というか、それが狙いだったりして。
CIMG4233
フェンスに絡みついて一体化した樹木。
樹木は液体のようです。
CIMG4234
こんな狭い路地なんだから、こうやって駐車していると、車のケツを蹴り上げたくなりますね。
CIMG4235
納屋のような小屋の屋根が落ちています。
置いてあるものもちょいと乱雑で、ゴミ屋敷に発展しそうな予感。
CIMG4236
塀の内側に門があります。
使わないからブロック塀で塞いだのでしょう。
なのでトマソン物件でのカテゴリ「無用門」になるかと。
CIMG4237
文字が劣化して寸断されているのが良い感じ。
CIMG4238
「痴漢」ではなく「ち漢」と書かれているのが斬新。
CIMG4248
良い錆び具合。
CIMG4249
この2つの看板もよく錆びてます。
以上です。
次は国立市谷保で見つけたゴミ屋敷。

CIMG4227
「ごみ」が褪色していることはいいんですが「禁止」の右の線と下の三日月の模様が気になります。
CIMG4228
この家、元々あった表札を再利用しているのでしょうか。
地番の部分だけ見せて、名前はレンガで隠しているのかな。
CIMG4229
ちょっとわかりにくいけれど、玄関ドアにツタが繁茂して、それが枯れている。
CIMG4230
文字が読めそうで読めない。
南京錠が立派です。
CIMG4231
元々は塞いであったのを「通れる方が便利でしょ」とフェンスを撤去したようです。
CIMG4250
「朝早くからずっとうるさい!!前も言ったけど本当にめいわく!!しずかにして!!女の声がうるさい!!」とかなりお怒りの様子です。
音声過敏ですね。
CIMG4251
北向きで日陰になっていたせいか、状態の良いマルフク看板。
以上です。
さらに国立市の探索を続けます。

このページのトップヘ