路上観察で発見!東京多摩地区のナイス物件

穏やかに衰退していく東京郊外の風景のなかにある謎だったり面白かったり奇妙・不思議な物件コレクション

カテゴリ: 小金井市

CIMG7304
枠からずれてる。
どこかに隙間があって、雨水が侵入したのでしょう。
CIMG7305
歯がヤニで汚れている感じ。
CIMG7306
玄関横にストッカーが乱雑に積まれている。
CIMG7307
電柱の防護カバーがこれだけしか残っていない。
CIMG7308
なんですか、この補修の仕方は?
ガラス部分に穴が開いてしまったのか?
CIMG7309
昔のごみ収集箱がブロック塀に埋め込まれている。
CIMG7310
植物にうもれそう。
CIMG7311
バス停の広告表示する部分に大きなシミがある。
CIMG7312
CIMG7313
取り壊しを待つばかりの団地群。
CIMG7314
樹木もかなり成長してしまっています。
ストビューで調べると、
2009.8
まだ住人がいた2009年8月の画像です。
以上です。
次は八王子市の探索。

CIMG7293
用水路に落ちないようにフェンスがあるが、左端と右端に地番表示板が取り付けられている。
変ではないけれど、供給過剰な感じはある。
CIMG7294
壊れかけている家。
CIMG7295
貼り紙が段差を設けて2つあるけれど、褪色して真っ白。
CIMG7296
うわ、これは絶妙に剥落して読めないや。
ストビューで調べると、
2018.6
これは2018年6月。
数年でボロボロになってしまいました。
CIMG7297
多分、丸い形に切り揃えられたのですが、道路にはみ出している部分を容赦なく伐採されたのでしょう。
そういう流れが見えるので「むふ」と心の中で思ってしまう。
この家の反対側がこうです。
CIMG7298
こちらも律儀な感じで道路にはみ出した部分をカットしてますね。
ではストビューで調べてみましょう。
2017.6a
なるほどこんな状態だったわけですね。
でもこういうふうに道路にはみ出している家ってたくさんあります。
CIMG7299
地番表示板の上をツタが横断している。
ストビューで調べると、
2017.6b
2017年6月はこんな状態でした。
ちらりと地番表示板が見えている。
CIMG7300
ボロボロ。
CIMG7301
これは褪色物件。
「事故多い スピード」
CIMG7302
ん?これは?
戸袋の板が1枚外れているのですが、その中にあるものは何?
鳥が巣作りしたのでしょうかね。
CIMG7303
突っ込んだ車がいたようです。
その2に続きます。

CIMG4693
塀の向こうはファミレスの駐車場。
なぜか白い部分があります。
なんだろうと反対側に回ってみたけれど、やはり白い板が貼ってあるだけでした。
CIMG4694
外壁塗装が剥落している家ですが、なぜか雨戸は新しいように見える。
CIMG4695
小学校の裏門。
板で作った何かがボロボロ。
ストビューで調べると、
2015.3
あ、こういうが書かれていたわけですね。
2015年3月の画像です。
CIMG4696
これは植物屋敷。
庭は、
CIMG4697
CIMG4698
しっかりゴミ屋敷になっていました。
CIMG4699
なぜか縦に外壁が剥がれている家。
CIMG4700
河川の看板が劣化しているのはよくありがち。
CIMG4701
「こちら」「月極」「ー」「車」
右の方がどんな文字が剥落しているのかわからない。
ストビューを見ると、
2017.6
お、元々下地は黄色だったのね。
「一般車」か。しかし一般車ってどういうこと?
契約してない車は停めるなということでしょうか。
以上です。
次は羽村市の探索。

CIMG4683
なんか気になる家がありました。
2階部分の、あり合わせの板で覆っている部分。
右方向に回っていくと、
CIMG4684
CIMG4685
この中がどんなになっているか、どんなものが置かれているのかが気になる。
CIMG4686
「Uター」部分だけ消しているけど「宅地内ン禁止」では意味不明。
CIMG4687
放置されているらしき車。
車種はトヨタスプリンターカリブ、だったかな。
CIMG4688
そこから笹と思われる植物がにゅっと出ている。
壁の中を成長していって、顔を出したのですかね。すごいな。
CIMG4689
住所と氏名とナンバーは塗り消します。
が、ナンバープレートを玄関内側に飾っています。
前に乗っていた車の思い出物件ということなのかな。
ナンバープレートって返納するもんだと思っていましたが、持ってていいの?
CIMG4690
錆びてなんだかわからなくなっている看板。
上部の文字は「駐」でしょうか。
下部は「ピアノの運送」か。
CIMG4692
チラシの裏側に書いたけれど、濡れて透けてしまったようです。
その2に続きます。


CIMG4603
文字が痕跡に近づいていますが、ぎりぎり「ゴミを捨てるな」と言いたいことはわかる。
CIMG4605
1枚目の看板の後ろに傘が一本引っかかって錆びていました。
CIMG4604
うわ、これは狭い。
自転車は無理。人がすれ違うのも大変。
CIMG4606
錆びとツタが何か模様を作り出している。
CIMG4607
CIMG4608
表札と郵便受けが妙な位置にある。
その間が、元々は出入り口だったのでしょうかね。
CIMG4609
ツタに覆われようとしている家。
CIMG4610
CIMG4611
万年塀がかなり破損している。
ストビューで過去を見ると、
2009.8
一番古い2009年8月ではまだこんなでしたが、どんどん破損していったのはなぜだろう?
CIMG4612
物置というよりゴミストッカーになってしまっている車。
以上です。
次は羽村市の探索。



このページのトップヘ