路上観察で発見!東京多摩地区のナイス物件

穏やかに衰退していく東京郊外の風景のなかにある謎だったり面白かったり奇妙・不思議な物件コレクション

カテゴリ: 多摩市

IMGP0011
褪色と錆び、汚れと3拍子揃っている。
このテの部分的に色が抜ける文字は結構見かけるけれど、もしかしたら褪色ではなく剥落なのか?
IMGP0012
下地の看板文字が透けて見えている。
しかし「クスリ」と書かれているから、その前も薬局だったようだ。
IMGP0013
募集中の下の部分は何かが剥落した跡のようです。
もともとは違うアパート名だったのかな。
IMGP0014
踏切そばの物置小屋。
錆び方が特徴的。どうしてこうなる。
IMGP0015
IMGP0016
蔦に覆い尽くされた建物。
まあ、わざとこんなふうにしているのでしょうけどね。
IMGP0017
この扉も長らく開けたことがないようだ。
IMGP0018
あのさあ……。
まあ、マネキン人形を捨てるのって、どうするのが正解なのでしょうね。
以上です。
次は西東京市の探索。

IMGP0003
いきなりですがゴミ屋敷。この1枚だけですが。
規模は小さいですが、玄関周りが混乱状態です。
傘もたくさんあります。
IMGP0004
きっと何度もここに頭をゴチンしたのでしょうね。
人間は足元の方はよく見えても、上方に気づかないことが多いと聞いたことがあります。
IMGP0005
なんかたくさん自転車がある。しかも古びている。
謎めいているんですが、それ以上はわかりませんでした。
IMGP0006
空き家だと思うのですが、ここまでする必要性があるのかな。
ドアの鍵などの部分が壊れているとかでしょうか。
IMGP0007
おっと、またしてもゴミが乱雑に積まれている家を発見。
IMGP0008
玄関はこんな感じです。
内部にモノが堆積している様子が見えます。
IMGP0009
樹木も道路側にはみ出しています。
IMGP0010
この家の庭にあるプレハブ小屋ですが、窓が外れたのか、元々そうなのか、内部に大量のゴミが溜め込まれているのが視認できました。
以上です。
次は「その2」。

このページのトップヘ