路上観察で発見!東京多摩地区のナイス物件

穏やかに衰退していく東京郊外の風景のなかにある謎だったり面白かったり奇妙・不思議な物件コレクション

カテゴリ: 西東京市

CIMG7700a
一瞬、うわこれひどいゴミ屋敷、と思ったのですが、ゴミ屋敷ではありません。
上を見ると、
CIMG7701b
ああ、火事で燃えてしまった家なんですね。
近づくと、焦げ臭い匂いがしています。
玄関の方は、
CIMG7702c
こんな感じで、片付け作業を進めている様子でした。
CIMG7703
なんかの看板が貼ってあった跡。
マルフク看板かとストビュー検索したのですが分かりません。
CIMG7704
何か文字が見えるような気がする看板。
しかしまったく分かりません。
ストビューで調べてみると、
2009.7a
2009年7月は塗りつぶされています。
それが剥がれていって、現在の状態になっているのね。
CIMG7719
何かの電気製品とビニール傘が捨てられている。
あ、右端のはバッファローのWiFiルーターだな。私が以前使っていたので分かりました。
CIMG7720
ブロック塀の向こうに褪色した看板がある。
襖の張り替えか。もう需要ないのでしょうね。
CIMG7721
「この先道」「大型車」「通行不能」
あとはわからないが言いたいことはわかる。
CIMG7722
パリパリに割れているが、地図の道路のように見える。
以上です。
次は狛江市の探索。

CIMG7705
一回部分はそれほどでもないのだが、2階がまるで窓からものを投げ捨てたように荒れている。
CIMG7706
ドアの周りを植物が取り囲み、どこかの隙間から侵入していますね。
CIMG7707
なんかこれパッと見てわかりにくい感じ。
学校側が「推奨経路」というものを設定していて、それを守らない生徒さんがいるからこんなスローガンが掲示してあるのか。
CIMG7708
緑色の玄関扉に亀裂が入り、モヤモヤと黒ずんでいるのが不穏な感じ。
とぼけ顔のたぬきがいい味を出している。
CIMG7709
門柱上のキャラで兜は珍しいかも。
CIMG7710a
CIMG7712c
ん?、これは規模は小さいものの、ゴミが堆積してます。
さらに、鉄扉の向こうは、
CIMG7711b
こんな状態でした。
ゴミ屋敷認定でよろしいかと。
CIMG7713
看板の部分にブルーシートがかかっている。
ストビューで調べると、
2009.7b
理髪店だったようです。2009年7月の画像。
いや、今も理髪店なのかな?よくわからない。
CIMG7714
歯がきたない。磨きましょう。
CIMG7715
なんか読みにくい。
CIMG7717
うっすらと元の市の名である「保谷市」の「保」だけ見える。
CIMG7718
何か、やたらと口うるさい感じがする。
以上です。
さらに西東京市の探索を続けます。

CIMG7177
植物の繁茂で玄関あたりが埋もれています。
CIMG7178
これは?
近づいてみると、
CIMG7179
かなり堆積物がある。
しかし放置されてから結構時間が経っているようだ。
CIMG7180
上からアンテナが落下して波板を破壊しているが、そのまま放置されている。
CIMG7181
植物に覆われてしまった家。
CIMG7182
この家も植物に覆われつつある。
CIMG7183
「西東京」の下地の「田無」が見えてる。
CIMG7184
これは解読不能。
CIMG7185
結婚相談所って、懐かしい響きです。
ことぶき会というもレトロなネーミング。
以上です。
次は瑞穂町の探索。2月29日でなく3月1日にアップします。

CIMG7163
駐車場の看板なのですが、なぜか管理会社の名称が塗りつぶされている。
CIMG7164
柵を覆い尽くそうとしている。
CIMG7165
この家もツタによる梱包作戦進行中。
CIMG7166
なぜか「駐」の字の右がテープで隠されている。
そうなると「馬車場」になってしまうが。
CIMG7167
屋根部分を失った駐車スペースはよく見る。
CIMG7168
お?
植物が繁茂していて、なにやら堆積物も見える。
近づいてみると、
CIMG7170
植物に隠されているけれど、ゴミ屋敷ですね。
ここから左方向に振り向くと、
CIMG7169
CIMG7171
そこまでひどくはないけれど、乱れていますね。
CIMG7172
マルフク看板。
以上です。
次は小平市の探索。

CIMG7153
ピーポくんが妙な感じになってる。
CIMG7154
この出窓、テープがだいぶ剥がれているようですね。
なんだろうと思って見てしまった。
CIMG7155
あまりにも大きくフェンスが破損しているが、いったい何があったのか。
CIMG7156
樹木を伐採したが、近づいてよく見ると、
CIMG7157
腐食してこんな状態の内部が見えます。
ストビューで調べると、
2014.2
2014年2月の画像。
なるほど、真っ直ぐに幹が成長しないで道路側に伸びてしまったから伐採したのか。
CIMG7158
樹木伐採と同じ場所なのですが、フェンスの根っこの部分が露出してます。
CIMG7160
斜めになった道路標識。
CIMG7161
半分ぐらい文字が消されているが、残った文字も読みづらい。
一番右は「古道具」。
左から3つ目は「きも」と読めるが、なんだ?
CIMG7162
亀裂や剥落などの天然エフェクトが迫力を出している。
その2に続きます。

このページのトップヘ