路上観察で発見!東京多摩地区のナイス物件

穏やかに衰退していく東京郊外の風景のなかにある謎だったり面白かったり奇妙・不思議な物件コレクション

カテゴリ: 府中市

CIMG7540a
いかにも見捨てられたような家。
もうちょい詳細に見ると、
CIMG7541b
車には落ち葉や小枝が積もっています。
そして、
CIMG7542c
回り込んだところに温室があったのですが、そこも長らく放置されている様子。
CIMG7544a
この家も放置されたまま朽ちていく途中のようです。
上を見ると、
CIMG7545b
外壁材も剥がれ、ベランダ上の波板もほとんど喪失してます。
CIMG7546
クリーニングの看板ですが、金属の枠部分が錆びているのか、錆び色の液体が垂れた跡が見えます。
CIMG7548
物置きというか、ゴミ箱になっている車。
CIMG7549
地番表示板がよじれている。
ここに取り付けるのは無理やりな感じ。
以上です。
次は福生市の探索。

CIMG7532
アパートのとある部屋の前にモノが堆積しています。
部屋の中はどんなだろう?
CIMG7533a
かなり古びた家。
玄関内にモノが乱雑に積み上げられているのがわかります。
庭の方を見ると、
CIMG7534b
植木に阻まれているのですが、自転車などが結構な数、置かれてます。
CIMG7535a
ツタが繁茂している家。
近づいて玄関を見ると、
CIMG7536b
ああ、これは出入りできませんね。
最初の画像の勝手口から出入りしているのか、もはや空き家なのか。
さらに、
CIMG7537c
これは放置しておくとちょっとマズいことになりそう。
CIMG7538a
樹木に半分覆われている家。
この反対方向から見ると、
CIMG7539b
こんな状態でした。
CIMG7543
放置されているスズキジムニー。
後部の幌が破けて内部が丸見え。
その2に続きます。

CIMG6883
働き手募集の看板が樹木に半分隠れてる。
しかも取れそう。
CIMG6884
公会堂の看板が割れてる。
CIMG6885
かなり無理して取り付けた感じの地番表示板。
CIMG6886
ガムテで雑に補修されているドア。
こうしないとバラバラになってしまうのか?
左になぜか「日本の名画」が置かれている。
CIMG6887
ツタに覆われた家屋。
ストビューで調べると、
2009.8
あ、プレハブなんですね。すでにツタに覆われかけている。
2009年8月の画像。
CIMG6888
スヌケの掲示板。
CIMG6889
こちらもツタに覆われかけている。
CIMG6890
だいぶ古そうな防犯看板。
CIMG6891
引越し段ボール箱で埋まっているようだ。
CIMG6892
何かがブロックをここまで削ったようです。
以上です。
次は羽村市の探索。

CIMG6874
かなり壁打ちをして遊んだ人がいたようで、こんなになってます。
なんとなく点描画みたいだと思った。
CIMG6875
経年劣化なのか、こんなふうな剥落の仕方をしています。
CIMG6876
マルフク看板。
CIMG6877
なんの店だったのか、布地看板も障子紙もボロボロ。
ストビューで調べると、
2009.8
ああ、理髪店だったのか。
2009年8月の画像。
CIMG6880
左は大丈夫だけれど、右はもう読めない。
ストビューで見てみましょう。
2009.8b
「空巣ねらい」でした。
2009年8月の画像。
CIMG6879
錆びで読み取るのがつらい。
CIMG6878
こちらも錆びで読み取り困難。
ちなみにひとつ前の画像が右奥に見えます。
CIMG6881
植物に覆われつつある家。
右の樹木の下から玄関を覗いてみると、
CIMG6882
こんな状態でした。
以上です。
さらに府中市の探索を続けます。

CIMG6187
ツタに覆われようとしている家。
CIMG6188
同じく、ツタに覆われようとしている家その2。
CIMG6189

笹が繁茂し過ぎている家。

CIMG6192
CIMG6193
この家も車が植物に埋もれています。
近づいてみると、奥にもう1台車が埋もれてますね。
玄関は、
CIMG6194
こんな状態です。
ゴミ屋敷とみていいでしょう。
ちょっと離れたところから見ると、
CIMG6195
かなり樹木が伸びているのがわかります。
ストビューで調べると、
2014.6
2014年6月の画像。
現在はないバナナの木のようなものが車を塞いでいます。
妙に自転車が多いというゴミ屋敷の特徴も備わっています。
CIMG6196
褪色した文字を予想するクイズ。
CIMG6197
なぜここだけ風穴ブロックが破損しているのか?
CIMG6198
ここも破損している。
以上です。
次は日野市の探索。

このページのトップヘ