路上観察で発見!東京多摩地区のナイス物件

穏やかに衰退していく東京郊外の風景のなかにある謎だったり面白かったり奇妙・不思議な物件コレクション

カテゴリ: 瑞穂町

CIMG7210
難易度高そうな文字痕跡。
ストビューで調べたのですが、2011年の最も古い画像では、この看板は塗りつぶされていました。
経年変化でもともと書かれていた文字が見えてきたようです。
CIMG7211
むむ、これはゴミ屋敷かな。
建物の内部や乱雑に置かれているものは、
CIMG7212
CIMG7213
CIMG7214
ゴミ屋敷と思っていいようです。
それにしても堆積物より、やっつけ仕事的手作りの物置が印象的。
CIMG7215
爆弾でも投下されたかのような惨状です。
CIMG7216
この建物もかなりキテる。
CIMG7217
私の家にも一本植えてあるのでコニファーという樹木だと認識しています。
生育が早くて、2年に一度ぐらい枝打ちをしているのですが、このブログでも取り上げることが多いですよね、成長しすぎたコニファー。10年ぐらい放置するとこんなになるのかな。
CIMG7218
フェンスが内側に倒れています。
ストビューを見ると、
2015.4
2015年4月の画像。
CIMG7219
右半分は「修理センター」と読めます。
以上です。
次は八王子市の探索。

CIMG7200
3月1日に更新と前の記事に書いていながら、超多忙状態で遅れてしまいました。
さて、よくシーサーが鎮座しているような場所にタヌキ。
この徳利を持ったタヌキって、たいていは地面に置かれてますよね。これ珍しいケースかも。
同じ家ですが、
CIMG7201
うわ、これはタヌキの置物コレクターさんですね。
CIMG7202
この木、ちゃんと枝打ちしとかないと、やばいことになりそう。
CIMG7203
ペリペリに塗装が剥がれている扉。
CIMG7204
フェンスが覆われてしまっている。
CIMG7205
玄関が塞がれてしまっている。
CIMG7206
なぜか玄関前だけフェンスがない。
ゴミのカラス防止用ネットがあるから、ゴミ出しショートカットのために撤去したのか?
CIMG7207
交通事故で亡くなった人を悼む花束だけれど、ワンコ用の缶詰もある。
人とワンコが一緒に亡くなったということなのか?
CIMG7208
何が「ダメ」なのかわからないが、私はとっさに別のものを連想した。
それは、
スクリーンショット 2023-12-17 17.52.49
インドをぶらぶらしているとよく見かけるこれです。
これって、ガンジー由来の政党「国民会議」のシンボルマークなんですよね。
CIMG7209
上は(有)三?工務店
下は準堤学院
かな。
以上です。
さらに瑞穂町の探索を続けます。

CIMG4044
ツタに覆われつつあり、屋根部分が破損している民家。
屋根の上に円筒状の構造物があるように見えますが、それはこの家の向こう側のものです。
反対側に回り込むと、
CIMG4045
これで住人がいたらすごいと思いましたが、空き家の様子です。
CIMG4046
マルフク看板発見。
CIMG4047
この家も植物の侵食がすごいですね。
車のシートの上にレンガやブロックを置いて重しにしてる。
CIMG4048
「地震を消せ!!」
CIMG4049
よく取り上げるタイプの看板の亀裂。
CIMG4050
どうなってるんですか、これは?
ゴミ屋敷とは別の意味で混乱している駐車場。
CIMG4051
一番下の行「栗原自転車商会」だけ読み取れる。
あと、
CIMG4052
右端だけちょっと残っていますね。
ではストビューで調べてみましょうか。
この店は旧青梅街道に面しているせいで、過去画像が毎年残っています。
まずは2018年6月の画像。
1806
なるほど、元々はこんな状態だったんですね。
それが、次の2019年1月の画像になると、
1901
ということで、2018年秋の台風あたりで吹き飛ばされたのでしょう。
あ、思い出した。
2018年10月に台風が直撃したことありました。その時の職場の屋根の一部が破損し、外に置いてあったスチール製の物置も倒れたのでよく覚えています。
以上です。
次は武蔵村山市の探索。

CIMG4054
とある家のガレージ部分ですが、ゴミ屋敷になってますね。
混乱してます。
CIMG4055
倒れているのはガレージの屋根のようです。
その向こうは樹木が茂っていますが、ガレージがあるということは家屋があるのでしょう。
というわけで帰宅してストビューを見ると、
2010,11
うわ、これが2010年11月です。
そして、
2014,5
こちらは2014年5月。
すでにガレージは倒れ、樹木もむくむくと生育し始めています。
CIMG4056
かつては何か書かれていたのでしょうか。
もう文字の痕跡もなくなっています。
CIMG4057
フットサルコートのネットに取り付けられた横断幕がボロボロ。
これもストビューで過去の姿を見ると、
スクリーンショット 2022-08-21 17.27.54
こんなだったのですね。
CIMG4058
これもゴミ屋敷かな。
CIMG4059
ゴミが堆積してはいませんが、投げ散らかされています。
そしてその奥に植物に埋もれた家がもう一つあります。
CIMG4060
こちらはゴミ屋敷化はしていませんでした。
以上です。
さらに瑞穂町の探索を続けます。

CIMG4037
駐車場の奥に停めてある自転車に貼り紙多数。
結構新しめの自転車ですね。
盗まれてここに放置されたという可能性もあるのでは?
CIMG4038
左側中ほどのテープか何かで四角に囲ってある部分が何かが気になります。
ストビューでも判明しませんでした。
何だろ?
CIMG4039
「車」「駐」「向」「前」
それぞれの文字が離れていて、しかも右から読みなので判読にちょっと時間がかかる。
CIMG4040
折れ曲がった通学路標識。
CIMG4041
郵便受けを固定している波板がもう限界です。
CIMG4042
何だか怪しげな小屋がある。
もう空き家のようですね。
CIMG4043
屋根が凹んでいる車が放置されています。
しかしどうしてこうなった?
ストビューで調べてみましょうか。
2018,6
ああ、こういうことですか。なるほど。
これが2018年6月の画像。
その前は、
2015.4
このトラックと倒れた樹木の位置関係はこうでした。
これが2015年4月の画像。
CIMG4053
一番下は電話番号。
その上は目を凝らして見ると「サービスセンター」と書かれていますね。
以上です。
次は「その2」。


このページのトップヘ